包茎でつらいことを一挙にリスト化してみる

オレは真性の包茎です。
普段は全く気にならないのですが風俗で遊ぶ時に毎回言わないといけないのが苦痛です。風俗は大好きなんだけどこれを言わないと無理やり剥こうとしてくるから痛くて大変です(笑)あとほぼ確実にゴムを使用されるのが地味に切ないです。病気に気を使ってるのでいい事だとは思うんですが・・・オレは何も病気持ってないよ〜って言いたくなります(笑)

 

一度自分でお風呂場で剥く練習をしていた時期があったけど、あんまり効果はなくただ痛いだけで終わってしまいました。

 

包茎の手術も考えましたが、実害がないことを考えるとあまり気乗りがしない感じなんですよね。もし失敗?みたいなことがあったら機能しなくなるようなこともあるとネットで見ましたし・・・。

 

見た目も特にコンプレックスには感じないので手術をすることはもしかしたらないかもしれません。ただ、包茎じゃなくなると気持ちよさがアップするとも聞くから少し興味があります。自分で剥こうとしてたときもそれがきっかけでした。

 

またちょっと真剣に考えてみようかな。

 

オレは昔から包茎がコンプレックス
男というものは、自分の男性自身について自信がなかったり、悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。オレもその悩みを持つ男の一人です。オレの男性自身の悩みというのは、包茎ということです。オレは包茎が恥ずかしくて悩んでいます。

 

日本人男性は包茎の人と、包茎ではない人の割合でいったら、包茎の人の方が多いというような統計も聞いたりしますが、世間一般的には包茎というのはやはり恥ずかしいものです。銭湯や更衣室などの、裸にならなければならない場所に行く時は、オレはすごく緊張します。自分の男性自身を人に見られないようにこそこそ着替えたり、銭湯でもタオルで隠したりもします。

 

別にオレの男性自身を見ている人などいないのでしょうが、なんだか恥ずかしくてどうしても堂々とすることはできません。コンプレックスです。
手術することも考えたのですが、怖くて結局手術は諦めてしまいました。

 

しかしこのままコンプレックスを抱えていくのは嫌なので、いつか包茎をなんとかしたいと思っています。

 

自分自身の包茎対策。

包茎に関してです。オレ自身包茎でした。大学生まで包茎でしたのでかなりの間皮を被った状態でした。今は仮性包茎です。勃起時はむけることができます。手術等はしていません。

 

自分で開拓しました。最初は当時付き合っていた彼女にむかれました。最初は非常に痛く、ヒリヒリした印象が残っています。無理やりむいたので、触れるものがすべて痛く、下着も当たると非常に痛かった記憶があります。最初は、むいて・もどしての連続でした。

 

お風呂の入って、むいた状態で皮を柔軟に伸ばして、入り口の皮を伸ばしていきました。十二分に皮が伸びることができるようになると、勃起した状態でも皮を伸ばすことができるようになり、問題なく皮がついていくことができるようになりました。包茎の人のほとんどの方が、カリの部分で皮がつっかえてしまい、それ以上むけないという人が多いと思います。オレの感想では、お風呂で時間をかけて皮を伸ばしていくと、それなりに皮を伸ばすことができます。

 

完璧な状態にするには、手術が必要と思いますが、ある程度でしたら自分でもなんとか対策できます。

 

包茎の種類と特徴を解説してみる

包茎の悩みは、思春期を迎えたころから向き合うことが多いと言われており、男性特有の悩みです。「包茎」とは亀頭に皮が被った状態のことを指します。

 

包茎には主に3種類の特徴があり、

 

真性包茎

皮の口の部分が狭く亀頭を露出できないため汚れが溜まりやすく感染症になる可能性があります。

 

仮性包茎

手で皮をむくことで亀頭が露出できる状態のことを指し、普段から内部を清潔にしていれば問題はないと言われています。

 

カントン包茎

手で皮が剥けても皮の口が狭く、亀頭が露出できない状態のため汚れが溜まりやすく時にはうっ血して、ある箇所が壊死する可能性があります。

 

子供の包茎のうちは積極的な治療や手術をする必要性はありません。日本では新生児期・乳児期には治療、手術をほとんど行っていません。しかし、アメリカでは宗教的な理由によりイスラム教・ユダヤ教信者の両親が70%の男の子に包皮を切除する手術を受けさせています。

 

治した方が良いタイプの包茎

包茎には治した方が良いタイプと放置しても良いタイプがあり、主観で見れば治す治さないはどちらが良いかと言えばどちらとも言えますが、健康面を考えれば治した方が良いタイプの包茎があります。

 

性交渉や健康を考えた時に真性包茎やカントン包茎は治す事が望ましい包茎であり、健康被害に影響が出るタイプのものは医療保険が適用される事になるのですぐに治す事が望ましく、保険適用されない仮性包茎に関しては主観判断でコンプレックスに感じて精神に悪影響があるなら治療して、そうでないなら性交渉にも健康にも悪影響が無いので放っておいても問題は無いです。

 

真性包茎はペニスの皮がめくれないものですから菌が溜まって不衛生ですし、カントン包茎に関してはすぐに治療が必要で、皮がめくれても戻って来ずに血液が先端部に溜まって危険なものです。

 

仮性包茎は性交渉時には剥く事が出来ますし、特に問題は無いですし、普段から清潔にしておくと良いでしょう。

 

機能的には問題ない、とはいってもそういうことではないんです

よくペニスの大きさなんかについて言われることなんですが、「機能的に問題なければOK」みたいなことを言うじゃないですか。でも、オレもそうなんですが、悩んでいる人にとってはそんなことわかってるんですよね。

 

たとえばオレは温泉とか銭湯といった外のお風呂に入るのが好きなんですけども、どうしてもタオルで隠しながら入ってしまいます。俗説かなんかで「包茎は男の70%」とかいいますけど、あれはオレの経験的観点からはウソですね。半数以上の人は包茎じゃないです。で、やっぱそんな人のアレは大きくて立派な感じがしますし、お風呂でも堂々としています。

 

知らないおっさんどうしでもそうなので、ましてや女の子になんてしっかりと見せたことはありません。そういうときは女の子に気を使ったふりをして、電気を暗くしているのですが、それは自分のためなわけです。まあそれでも、実際の大きさは女の子は肌でわかるわけですから、結果的には同じなんですけれど。付き合いが長続きしないのも、いろいろ理由は分かれるときに言われましたけど、このあたりに本当はあるんじゃないかな、と思います。

包茎は生活に不便をもたらします。

オレは成人したにも関わらず包茎で悩んでいます。包茎と言っても仮性の包茎なのですが、学生時代には全然気にはしていなかったのですが成人して以降に包茎であることが様々なことで不便を感じることを痛感しているのです。オレが包茎を意識始めたのは高校生の頃で友人達と下ネタの話になって包茎の話題が出てきたのです。

 

友人たちの殆どは全部剥けているといった感じだったのですが、オレを含めた三人の少数派が包茎だという事を知って驚きました。オレは仮性包茎なので次第に皮も剥けてくるだろうと思っていましたが、一向にその気配はなくてとうとう30代になってしまいました。

 

その間に下半身の毛が皮に巻き込まれて痛い思いをしたり、ズボンのチャックを閉める時にパンツからはみ出た皮の部分を挟んでしまって出血するといった事も起こってしまい、包茎でいることが嫌になりました。オレにも今まで彼女ができたことはあったのですが、Hの時はバレないように一度手で向いてから行為に及ぶ事を心がけていました。しかし、これらの行動も次第にストレスに変わってくるのです。

 

包茎による性行為への弊害

日本人のおよそ6割が包茎といわれています。しかし、包茎が多数派だからといって放置していい理由にはなりません。包茎によって発生する問題の中で、ここでは性行為を取りあげます。

 

包茎の男性が性行為をする際、女性にとっては悪臭を初めとした色々な問題が発生します、そして女性にとってのデメリットが良く取り上げられます。しかし、包茎であることは男性にもデメリットをもたらします。ペニスの短小化、カリの縮小化などいろいろありますが、男性にとって一番のデメリットは性行為の際に射精しづらくなること、性的快感を得づらくなることです。

 

包茎の男性は自慰行為をする際、皮を上下することで快感を得ます。この方法は亀頭に直接的な感触を与えません。

 

しかし、性行為は亀頭と膣壁がこすれあい快感を得るものです。亀頭に与えられる直接的な感覚に慣れていない包茎では、膣壁のこすれによって快感を得ることが出来ず、最悪の場合中折れしてしまいます。男性が性行為によって快感を得る為には、包茎の改善が重要ということです。

 

包茎の悩みを克服した経験を言います。

これまで包茎に悩んできました。今日は、包茎をどのように克服したのかについて記したいと思います。
まず、オレが包茎であることにコンプレックスを感じ始めたのは高校生の頃です。性に対しての知識が増えていくにつれ、自分の性器が正常ではないことが分かりました。とはいえ、どうしたら良いのかよく分かりません。それで、病院に行くことをためらいました。

 

実際に大学生の時に、彼女もでき、いざセックスという時にはいまいち彼女を満足させてあげることができませんでした。さすがに、このままではセックスから喜びを得ることができないなと思い、包茎の手術をする決意を固めました。

 

とはいえ、お金もかかりますし、手術する覚悟も必要です。大学生の頃はお金がなかったので、社会人になった時に最初のボーナスで病院に行き、手術することができました。手術して気づいたのですが、セックスがとても気持ちいいということです。手術して良かったと思います。

 

包茎を何とかしたいとは思っているのですが・・・
包茎にはかなり多くの人が悩んでいるのではないでしょうか。温泉や銭湯などで見られる機会は多いですし、ジムやプールの着替えなどでも同様に見られる機会は多いです。さらにトイレなどでも覗いてくる人がいたりもしますので、なんとなく恥ずかしい思いをするなんて事があると思います。

 

私もその悩みを持った一人です。重度の包茎というわけではありません。普通に生きていくうえでは何の問題も無く、私程度の包茎だとそれが原因で性器の病気になりやすいなんて事も無いと思います。なのですが、やっぱり気になります。出来れば何とかしたいと常々思っています。

 

ですが、何とかするといっても具体的に素人が個人で出来る事は限られています。包茎治療のグッズなど使うのが一般的でしょうが、なかなか恥ずかしくてそれを買う事も出来ません。ですのでネットなどで調べて自己流の治療法をするしか無いのですが、それらはほとんど効果がありません。

 

きっと上野クリニックのような専門のクリニックで手術するのが一番早くて良い方法なんでしょうね。ですが、そこに行く勇気も無く今もまだ悩んでいます。